サイト内検索  Google
機能別検索
CPUボード
FPGAボード
A/D、D/Aボード
デジタルIOボード

カメラ入出力・画像処理
PMC/XMCキャリア
データレコーダ
データ収集・信号処理

シャーシ
バスアナライザ
ソフトウェア/IPコア
バス期格別検索
PCI/PCI Express
CompactPCI

PMC/XMC/FMC

VME/VXS/VPX

AdvancedTCA/AMC
アプリ別検索
アプリケーション
ハード&ソフト開発
受託開発
Updated:2014.12.3
当社のボードサポート体制
プライバシーポリシー

iso_pic_2014.gif
環境マネジメントシステム
ISO14001を認証取得しました


optical.gif


電圧範囲とA/D及びD/A分解能の関係について

アナログ信号からデジタル信号への変換か、デジタル信号からアナログ波形生成のプロセスは、 最小電圧差をバイナリ(2進表現)で表現します。
したがって、より高分解能のA/D、D/Aコン バーターは、nがA/DあるいはD/Aデバイスの分解能とすると、2のn累乗ステップずつ最小電 圧を減少することになります。
例えば、標準デジタルストレージオシロスコープにある8bit A/Dコンバータと各分解能のA/D を比較すると、各々の分解能は:

★12bitA/Dコンバーターでは8bitA/Dコンバーター に対して16倍の高分解能になります。
★14bitA/Dコンバーターは8bitA/Dコンバーター に対して64倍の高分解能になります。
★16bitA/Dコンバーターは8bitA/Dコンバーター に対して256倍の高分解能になります。


LSB当たりの電圧ステップ
分解能 ステップ ±50mV ±100mV ±200mV ±500mV ±1V ±2V ±5V ±10V
8bit 256 390uV 780uV 1.6mV 3.9mV 7.8mV 15.6mV 39mV 78mV
12bit 4096 24.4uV 48.8uV 0.1mV 0.24mV 0.49mV 1mV 2.4mV 4.9mV
14bit 16384 6uV 12uV 24uV 61uV 122uV 244uV 610uV 1.2mV
16bit 65536 1.5uV 3uV 6uV 15uV 30uV 61uV 152uV 305uV


* 対応ステップは各製品のデータシートをご参照いただくか、ご不明な場合は、お問合せ下さい。

2008 MISH INTERNATIONAL Co.,Ltd. All rights reserved.