042-538-7650

phonelink_ring

 

L バンド RF データレコーダ

HOME > アプリケーション > L バンド RF データレコーダ

ワイヤレスシステム

概要

仕様

上図はアメリカ Pentek 社の 『Model 78690』 を使用した L バンドの無線信号用データレコーダの応用例です。
システムは Model 78690 (RF レシーバ + A/D + FPGA) ボードとディスクアレイで構成されています。 Model 78690 は、PCI Express タイプの高速 A/D ボードで、フロントエンドに RF チューナを搭載しており I/Q 分離を行った後、200 MHz の A/D コンバータで I/Q をそれぞれ 16bit でサンプリングします。
デジタル化したデータは Virtex-6 FPGA で信号処理し、PCI Express 経由で 480MByte/Sec で HDD に連続記録する事が可能です。ボード上の Virtex-6 FPGA はユーザプログラム可能で、ユーザ復調アルゴリズムを実装して使用することができます。衛星通信の受信機として最適です。ポータブルシステムとなっており可搬性にも優れています。

機能

  • 925 MHz ~ 2175 MHz の Lバンド RF 信号を受信可能
  • FPGA に復調アルゴリズムをインプリメント可能
  • VHDL / Verilog による FPGA 開発サポート
  • ディスクアレイに RF 信号を長時間、記録可能

スペック

RF チューナ部

  • RF:925 MHz ~ 2175 MHz
  • ダウンコンバータ:アナログダウンコンバータ (I/Q 分離)
  • ベースバンド帯域幅:4 MHz ~ 40 MHz

IF デジタル信号処理部

  • A/D:200 MHz 16 bit
  • FPGA:Xilinx Virtex-6 LX130T(標準) / LX240T / LX365T / SX315T / SX475T (オプション)
  • オンボードメモリ:QDRⅡ-SRAM (8Mバイト) 、DDR3 -SDRAM (512Mバイト)
  • PCIe I/F:Gen 1: x4, x8、 Gen2: x4

ディスクアレイ部

  • 記録レート:480MB/s
  • 最大記録容量:3TByte (2011年10月現在)

PC 仕様(例)

  • CPU:Intel Corei7
  • メモリ:3 GB
  • HDD:500 GB
ブロック図

お問い合わせ

CONTACT