042-538-7650

phonelink_ring

 

NASA JPL Next Generation Data Collection Systems 分光器の信号処理

HOME > アプリケーション > NASA JPL Next Generation Data Collection Systems 分光器の信号処理

画像処理

概要

仕様

AlphaData 社の ADPE-XRC-6T FPGA ボード、FMC-CAMERALINK インタフェースボードと CameraLink SDK は、NASA ジェット推進研究所の ER-2 に搭載される分光器で使用されています。
分光器の信号処理・収集部 Next Generation Data Collection Systems (NGDCS) に使われています。
NGDCS はこれらの製品を使用することで高速なプリプロセッシング能力を持ち、 Airborne Visible/Infrared Imaging Spectrometer Next Generation (AVIRIS-NG = 次世代航空機搭載可視赤外イメージング分光計) や Portable Remote Imaging Spectrometer (PRISM) といった、 最新のスペクトロメータからの大量のデータを処理することができます。
このシステムの場合 100fps 16bit の検出器から、480 band、640 cross-track の分光が可能になりました。
AlphaData 社のボード製品は分光器とのインタフェースだけでなく、オルソ補正のために慣性航法装置とGPSデータとの同期機能も持たせています。
このプロジェクトでは納入した 2013 年以来、以下のような観測が行われました。

  • メタンプルームのリアルタイムマッピング
  • Greater Florida bay の seagrass bed の観測
  • Rocky Mountain Oilfield Test Center (RMOTC) 付近での大気中のメタンの観測

原文

お問い合わせ

CONTACT