042-538-7650

phonelink_ring

 

衛星受信記録システム

HOME > アプリケーション > 衛星受信記録システム

データ収集

概要

仕様

上図はアメリカ 4DSP 社の 『FC6301, FMC126』 を使用した衛星受信用記録システムの応用例です。
システムは FC6301 (CompactPCI タイプ FPGAボード) と FMC126 (5 GHz 10 bit A/D コンバータ) モジュール、アメリカ Conduant 社の 『Amazon Express』 高速データレコーダで構成されています。 FC6301 は、CompactPCIタイプのFPGAボードで、Xilinx 社 Virtex-6 を搭載しておりフロントエンドに FMC モジュールを搭載できる信号処理用のボードです。このボード上に FMC126 を搭載することで衛星電波 (L band) アナログ信号を高速にサンプリングして取り込む事ができます。
デジタル化したデータは Virtex-6 FPGA で信号処理し、ユーザー IO を経由して RTM (リアモジュール) からSerialFPDP (光ケーブル)で出力します。
SerialFPDP で出力したデータはデータレコーダで受け取って 800 MByte/Sec で連続記録する事が可能です。衛星受信の記録アプリケーションに最適です。

機能

  • 925 MHz ~ 2175 MHz の L バンド帯域をサンプリング
  • FPGA に復調アルゴリズムをインプリメント可能
  • VHDL / Verilog による FPGA 開発サポート
  • データレコーダに長時間記録可能

スペック

A/D

  • チャネル数:1 ch (5 GHz)、2 ch (2.5 GHz)、4 ch (1.25 GHz)
  • ンプリング周波数:5 GHz (最大)
  • 分解能:10 bit

FPGA

  • FPGA:Xilinx Virtex-6 LX240T / LX365T / LX550T / SX315T / SX475T から選択

メモリ

  • QDR2-SRAM、DDR2/3-SDRAM

ホストバス

  • cPCI I/F:32/64 bit、33/66 MHz

RTM(リア・トランジション・モジュール

  • SerialFPDP インターフェイス (2.5 Gbps)

データレコーダ部

  • 記録レート:800 MB/s
  • 最大記録容量:32 TByte (2011年10月現在)
  • 入出力I/F:SerialFPDP (光ファイバ)
ブロック図

お問い合わせ

CONTACT