042-538-7650

phonelink_ring

 

スペースシャトル打ち上げ監視カメラ

HOME > アプリケーション > スペースシャトル打ち上げ監視カメラ

画像処理

概要

仕様

上図はアメリカ Boulder Imaging 社の 『Quazar1600』 を使用した、スペースシャトル打ち上げ監視カメラの応用例です。
システムは VR1600R (マルチカメラ記録システム) と 高速カメラ x 2 台、赤外線カメラ x 2 台で構成されています。 Quazar1600 は、複数のカメラインターフェースカードを搭載しており、複数のカメラ入力画像を同時に記録します。
スペースシャトル打ち上げ時の状況を、2台の高速カメラと波長の異なる 2 台の赤外線カメラで撮影し記録する事で、打ち上げ時の状況をより詳細に分析・調査する事が可能になります。
記録後のデータは全ての記録データを同期して再生する事ができ、煙で見えない場所も赤外線カメラで確認する事ができます。マルチチャンネルの監視カメラの用途として最適です。

機能

  • 複数台のカメラ入力をサポート
  • 各種カメラ入力インターフェイスに対応
  • 記録レートは 800 MByte/Sec
  • ディスクアレイに長時間の記録が可能
  • 記録再生及び解析用のソフトウェアを付属

スペック

カメラ

  • 高速カメラ1:1280 x 1024, 400 fps
  • 高速カメラ2:1280 x 1024, 150 fps
  • 赤外線カメラ1:中波, 512 x 480, 100 fps
  • 赤外線カメラ2:長波, 1000 x 1000, 100 fps

記録システム

  • データレート:800 MByte/Sec
  • 記録容量:8 TB
  • カメラ入力インターフェイス:Camera Link, NTSC/PAL, RS170, CCIR各種サポート

記録&再生ソフト

  • 複数ビデオ信号の同期記録・再生
  • 高フレームレートをサポート(最大100,000fps)
  • コマ送り、逆再生をサポート
  • ループ再生
  • 再生スピードコントロール
  • 輪郭検出・ブロッブ検出・差分・平均化などの画像処理
  • ヒストグラム、ライン/エリアプロファイル
ブロック図

お問い合わせ

CONTACT