RedHawk 

リアルタイムLinux OS

仕様

製品概要

RedHawk Linuxは、IntelおよびAMDベースのシステム向けオープンソースLinux OSで、業界規格(POSIX1003.1 & XSI)、リアルタイム(POSIX 1003.1b,1c)、低レイテンシィ、CUDA、KVMに対応しています。

RedHawkは、タイムクリティカルおよびハードリアルタイム環境が必要とするパフォーマンスを保証します。さらに、モデリング、シミュレーション、データ収集、工業制御、医療用画像処理システム などの幅広いアプリケーションに最適なLinuxソリューションで、殆どのプラットフォーム上において ユーザーレベル・アプリケーションが外部イベントに対して5マイクロ秒以下で応答することを保証します。

RedHawkにはRHELのすべての機能が含まれますので、ユーザレベルコマンドやユーティリティ、システム管理は Red Hat と完全互換となります。重要なオープンソース・パッチとConcurrent社が開発・強化してリリースした kernel.orgにより優れたリアルタイムパフォーマンスを実現します。

RedHawkのユーザーライブラリは、他のLinuxが提供していない機能を加えて提供しています。また、標準的なLinuxのユーザーレベルAPIと完全互換であるため、他のLinuxディストリビューションで書かれたアプリケーションでも修正することなくRedHawk上で動作させることが可能です。

【機能】

■標準でマルチコアをサポートするハードリアルタイムOS
Linux kernel をリアルタイム化、5μ秒の応答時間を保証するCPUシールド周期制御スケジューラ(FBS)標準バンドル

■最新のマルチコア・マザーボードとチップセットをサポート
INTEL 2-way and 4-way Xeon Nehalem 8-core、Atom i5/i7など
AMD 2-way and 4-way Magny-Cours 8 and 12-core

■リアルタイムに最適化された最新のNVIDIA グラフィックドライバを標準バンドル
Message Signal Interrupts (MSI)をサポートしIRQ割り込みでのポーリング待ちを解消

■リアルタイムに最適化されたCUDA並列コンピューティングSDK標準バンドル
GPU VSIPLとCPU VSIPLも動作確認済み(Core Liteフリー版)

■Night Star リアルタイム開発環境
統合デバッガ、リアルタイム・カーネルトレーサ、アプリケーション・データモニタ、パフォーマンス・チューナ、FBSアプリケーションコンフィグレータ

■32/64bitのNUMA アーキテクチャをサポート
NUMAメモリシールド、ページマップユーティリティ

■KVM 仮想化環境を標準バンドル
RedHawk 上で Windows/Fedora/BSD/e.t.c をゲストOSとして実行

米NAVYにより採用

米国海軍は、RedHawk Linux を次のプログラムのオープンアーキテクチャオペレーティングシステムとして選択しました:

・ACTUV(対潜水艦無人艦)
・イージス艦プログラム
 _ ACB 12(イージス駆逐艦近代化プログラム)
 _ BMD(イージス弾道ミサイル防衛)
 _ COTSリフレッシュプログラム
 _ CR2プログラム
・AN / SPQ-98レーダー(地表観測レーダー)
・AN / SPN-41B(船上着陸ガイダンスシステム)
・FBM(トライデントII D5艦隊弾道ミサイル)
・沿岸戦闘船(LCS)
・LRASM(ロングレンジ対艦ミサイル)
・NSWCクレーン(海上戦闘センターのクレーン部門)
・NUWC(次世代魚雷ハードウェア・イン・ザ・ループ・テストベッド)
・SeWip(表面電子兵器改善プログラム)
・SGS(船上交通システム)
・インテロゲータシステム AN / UPX-29
・米国沿岸警備隊深水プログラム

データシート

ブロック図

スペック

  • 対応CPU
    • INTEL 2-way and 4-way Xeon Nehalem 8-core、Atom,i5,i7…
    • AMD 2-way and 4-way Magny-Cours 8 and 12-core
  • OS環境
    • Red Hat Enterprise Linux 互換
    • CentOS 互換

関連製品

製品検索