A/DボードADQ412

4GHz/2GHz A/D & FPGA 搭載 USB接続 高速A/Dボックス (USB Box/PXIe/PCIe/MTCA)

概要

ADQ412は、4GHz 12bit 2ch 又は 2GHz 12bit 4ch の ADコンバータとユーザプログラム可能なFPGAを搭載した USB接続 高速A/Dボックスです。 標準添付されているGUIソフト「ADCaptureLab」を使い、簡単に信号をキャプチャしたりFFTを行う事が出来ます。ADCaptureLab以外にMatlab,C/C++などのドライバも付属されております。 Teledyne SP Devices社は複数のADコンバータでADサンプリングするインターリーブ技術「ADX」を使い高速ADサンプリングを行いますが、その際に発生するオフセットエラー、タイムスキュー、ゲインエラー等の不具合を自社開発した補正技術(特許技術)を使いSFDR等を最適化します。PXIe/PCIe/MTCA/USBボックスのタイプを用意しております。 MIMO、フェーズドアレイレーダ、ソノブイ、ソフトウェア無線機、周波数解析等のアプリケーションに最適です。
仕様
A/Dコンバータ 4GHz, 12bit, 2ch / 2GHz, 12bit, 4ch
周波数帯域 6KHz~2GHz
FPGA 1x Virtex-6
ドライバ Windows, Linux
タイプ ボックス / PCIe / PXIe / MTCA
特徴
ADQ412タイプ▮ 広帯域幅と高ダイナミックレンジを提供するA/Dボード
▮ 非常に広帯域の信号のRF/IFサンプリングなどの厳しい測定を可能にします
▮ Teledyne SP Devices社独自のインターリーブテクノロジー『ADX』(特許技術)を採用
▮ AC結合により広い帯域幅でスペクトル純度が最適化されています
▮ 低域のカットオフ周波数は6kHzと低く、帯域幅は動作モードによって設定されます
▮ 高速USB3.0ケーブルを介してホスト接続をサポート
▮ PCI Express/PXI ExpressまたはMTCA.4 µTCAタイプも選択可能
▮ 高速転送でデータストリーミングをサポート
▮ APIとC/C++、MATLABなどのドライバーを含むソフトウェア開発キット(SDK)を付属
▮ 計測・解析 GUIソフトウェア『ADCaptureLab』を付属しており、簡単に使用可能
▮ WindowsとLinuxをサポート
インターリーブ技術「ADX」(特許技術)について
ADXの説明1Teledyne SP Devices社独自のインターリーブ技術「ADX」は、複数のADCを並列に使用することによりサンプリングレートを上げる手法です。インターリーブプロセスでは、複数の並列ADCのそれぞれが異なるタイミングでサンプリングします。このようにして、全体のサンプリングレートが上がり、ADCの数によりサンプリングレートが乗算されます。
ADXの説明2インターリーブの課題は、最適な分解能を得るために個々のADCの特性の製造ばらつきを補正することです。標準的な14ビットADCのインターリーブを実現するには、補正後の変動が0.01%未満でなければなりません。さらに、これらの変動は温度と経年に依存するため、補正がさらに複雑になります。
ADXは、ADC後のインターリーブ出力を後処理するためのデジタル信号処理技術です。ADXは、ミスマッチエラーの推定と、すべてのミスマッチエラーを抑制した信号の再構成の両方を備えています。独自技術により、特別なキャリブレーション信号やポストプロダクショントリミングを必要とせずに、ゲイン/オフセット/タイムスキューエラーのバックグラウンド推定を継続的に提供します。再構成ブロックは、最小限の遅延で信号を再作成します。
高性能PCをご用意しています
PCイメージA/DボードをPCにインストールする場合、以下の事を検討する必要があります。
1.インストールスロットの物理的寸法
⇒ボードの奥行・高さ、隣接スロットの干渉などを検討
2.PCIeスロットの物理的レーン数
⇒ボードとM/Bのレーン数(x1/x4/x8/x16)を物理的・電気的に検討
3.PCIeスロットの電気的互換性(Gen1/2/3)
⇒ボードとM/Bのパフォーマンス(Gen1/2/3)適合性を検討
4.OSとの互換性
⇒Windows 7/8/10, Linux, 32bit/64bitドライバとの適合性を検討
これらの検討事項を考慮した最適なPCをご用意いたします。
ラックマウントタイプやデスクトップタイプ、CPUの性能や数、メモリの容量などお客様のご要望に合わせてビルドアップいたします。また、オプションで高速RAIDドライブを追加することも可能ですので長時間の記録が必要なアプリケーションに最適です。
ハイテク技術立国スウェーデンのボードサプライヤ
Teledyne SP Devices imageTeledyne SP Devices社は、業界をリードするデータ取得および信号発生器を設計・製造するハイテク技術立国スウェーデンのボードメーカーです。特許取得済みのキャリブレーションロジック、最新のA/Dコンバータ、FPGAテクノロジを利用して、比類のない高いサンプリングレートと分解能の組み合わせを実現しています。製品は、さまざまなアプリケーション固有の機能と組み込みのリアルタイム信号処理機能を備えています。これにより、お客様はパフォーマンスのボトルネックを克服し、市場投入までの時間を短縮し、幅広いアプリケーション分野でシステムレベルの利点を提供できます。Teledyne SP Devices社製品は、分析機器、リモートセンシング、科学機器、医療画像処理などさまざまな業界で採用されています。
Teledyne Technologies社の計測器部門の一部として、SP Devices社はその技術アクセス、エンジニアリングの卓越性、および重要なノウハウを拡大し、それによって高性能ボードおよびシステムレベルソリューションの世界をリードする長期的サプライヤーとしての地位を強化しています。

 

アプリケーション
AE03:CERNが宇宙の起源を探り、地球の未来を助ける
AE01:超高速の単血球イメージングにより血液癌を早期検出
AE52: トムソン・スキャッタリング・システム
ADQ412のプレゼンテーション

関連商品

スペック

▮アナログ入力
入力帯域 (AC) 6kHz ~ 2GHz
入力レンジ 800mVpp
インピーダンス (AC) 50Ω
コネクタ SMA
▮A/Dコンバータ
チャンネル数 2ch / 4ch
分解能 12bit
サンプリングレート 4GSPS
データメモリ 700Mサンプル
▮内部クロックリファレンス
周波数 10MHz
精度 ±5±0.5/year
▮外部クロックリファレンス
周波数 1 ~ 250MHz
信号レベル 0.8 ~ 3.3Vpp
インピーダンス (AC) 50Ω
デューティ 50%±5%
コネクタ MCX (USB,PXIe,PCIe), MMCX (MTCA)
▮クロックリファレンス出力
周波数 クロックリファレンス設定による
信号レベル 3.3 Vpp
インピーダンス (AC) 50Ω
デューティ 50%±5%
コネクタ MCX (USB,PXIe,PCIe), MMCX (MTCA)
▮環境条件
動作温度 0 ~ +45℃
保存温度 -20 ~ +70℃
湿度 5 ~ 95% *結露なし
▮OSサポート
Windows 7, Windows 8, Windows 10, Linux

 

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)