A/DボードPX1500-2

3GHz/1.5GHz A/D & FPGA搭載 高速A/Dボード (PCIe)

概要

PX1500-2は、3GHz 8bit 1ch 又は1.5GHz 8bit 2ch の ADコンバータ を搭載した PCI Expressタイプの A/D ボードです。 2chで各1.5GS/sのサンプリングレートでA/D変換します、1chの場合はインターリーブで3GS/sで取得することができます。ホストインタフェースはx8レーンPCI Expressで、最大1400MB/sで連続転送が可能です。オンボード1 GBのメモリ全体を、連続データを取得するための非常に大きなFIFOとして使用することができます。ショートサイズですので奥行の短い小型のPCにインストールして利用できます。 Linux、Windows 用ドライバソフトウェアを用意しています。
仕様
A/Dコンバータ 3GHz, 8bit, 1ch / 1.5GHz, 8bit, 2ch
周波数帯域 1GHz
ドライバ Windows, Linux
タイプ PCIe
特徴
❖ 1.5 GS/s, 2ch, 8bitのAD変換モード
❖ 3 GS/s, 1ch, 8bitのAD変換モード(インターリーブ)
❖ 最大2 GHzの帯域幅
❖ 1 GBのオンボードRAM
❖ 1.4 GB/sのPCIe連続データストリーミング
❖ Windowsスコープアプリケーションと完全なC言語 SDKを提供
❖ Windows/Linuxオペレーティングシステムサポート
高性能PCをご用意しています
PCイメージA/DボードをPCにインストールする場合、以下の事を検討する必要があります。
1.インストールスロットの物理的寸法
⇒ボードの奥行・高さ、隣接スロットの干渉などを検討
2.PCIeスロットの物理的レーン数
⇒ボードとM/Bのレーン数(x1/x4/x8/x16)を物理的・電気的に検討
3.PCIeスロットの電気的互換性(Gen1/2/3)
⇒ボードとM/Bのパフォーマンス(Gen1/2/3)適合性を検討
4.OSとの互換性
⇒Windows 7/8/10, Linux, 32bit/64bitドライバとの適合性を検討
これらの検討事項を考慮した最適なPCをご用意いたします。
ラックマウントタイプやデスクトップタイプ、CPUの性能や数、メモリの容量などお客様のご要望に合わせてビルドアップいたします。また、オプションで高速RAIDドライブを追加することも可能ですので長時間の記録が必要なアプリケーションに最適です。
アプリケーション
AE14:PCプラットフォームによるSIGINTアプリケーションの構築
関連商品

スペック

■ アナログ入力 コネクタ:SMA
入力帯域:5 MHz ~ 2 GHz
インピーダンス:50Ω
■ A/Dコンバータ チャネル数:1ch / 2ch
サンプリング周波数:3GHz / 1.5GHz
分解能:8 bit
■ メモリ 2 GByte
■ ホストインタフェース PCI Express:x8レーン
最大転送レート:1.4 GByte/sec
■ ソフトウェア ドライバ:Windows, Linux
GUIソフトウェア:サンプル(波形表示、FFT表示、タイムスタンプ挿入)
■ 環境条件 動作温度:0 ~ 50℃
保存温度:-20 ~ +70℃
相対湿度:10 ~ 90%(結露なきこと)

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)