Abaco社 16ch A/D & 16ch D/A 搭載 RFSoC FPGAボード リリースのご案内

2021年08月16日

Last Updated on

Abaco社は、16ch A/D & 16ch D/A を搭載した6U VPXタイプの RFSoC FPGAボード「VP460」をリリースしました。

「VP460」は、Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoCとVirtex UltraScale+ FPGAを搭載した6U VPXタイプのFPGAボードです。VP460に搭載されたRFSoCデバイスには、16ch 2GSPSのA/Dコンバータ、16ch 6.4GSPSのD/Aコンバータ、ユーザープログラム可能なFPGAファブリック、およびマルチコアZynq ARM®プロセッシングサブシステムが含まれます。 VP460は、COTS RF/FPGA信号処理の革命であり、高性能FPGA処理の必要性、強化された組み込みプロセッサ、および統合されたアナログインターフェイスの超低遅延のバランスを完全に備えています。革新的なRF/DSPテクノロジにより、ユーザは今日の最先端のマルチチャネルEWシステム、レーダ、SDRアプリケーションを構築できます。

☞ 製品情報はこちら:VP460

 

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)