A/DボードADQ7WB

5GHz A/D 高速&広帯域A/Dボード (PXIe/PCIe)

概要

ADQ7WBは、5GHz 12bit 2ch の ADコンバータ を搭載した広帯域の高速A/Dボードです。 アナログ入力は6.5GHzまでの帯域を取得する事ができますので、アンダーサンプリングの用途に使用することができます。4GBのオンボードメモリを搭載しており、5GB/secで連続ストリーミングが可能です。また、GPUを使用することで7GB/secのピア・ツー・ピア連続信号処理もできます。標準添付されているGUIソフト「ADCaptureLab」を使い、簡単にAD信号をキャプチャしたりFFTを行う事が出来ます。オンボードでFPGAを搭載しており「ADQ Development Kit」を使いユーザプログラムが可能です。また、ソフトにはMatlab、LabVIEWなどのドライバも付属されております。 レーダ、LiDAR、ソフトウェア無線機、衛星監視、周波数解析等のアプリケーションに最適です。 PCIe、PXIeの 2タイプを用意しております。(※写真はPCIeタイプです。)
仕様
A/Dコンバータ 5GHz, 12bit, 2ch
周波数帯域 2.5GHz
ドライバ Windows, Linux
タイプ PCIe / PXIe
特徴
ADQ7 PXIeタイプ❖ 広帯域6.5GHzのアナログ入力帯域幅を持つRF ADボード
❖ Teledyne SP Devices社独自の『ADX』テクノロジー(特許技術)を採用しSFDRを改善
❖ デュアルチャネルまたはシングルチャンネルとして使用可能
❖ 12bitの分解能と5 GSPSのADサンプリングレートを提供
❖ ファームウェアパッケージ(FW4DDC)は、FPGAファームウェア開発不要で利用可能
❖ FW4DDCパッケージには、複数のデジタルダウンコンバータ(DDC)、デシメーション、ノイズ低減またはチャネル等化のためのデジタルフィルタが含まれています
❖ オンボードのXilinx Kintex Ultrascale FPGAは、カスタムリアルタイムデジタル信号処理(DSP)に利用可能
❖ グラフィックス処理プロセッサ(GPU)へのピアツーピアデータストリーミングを最大7GByte/sの速度でサポート
❖ APIとC/C++、MATLABなどのドライバーを含むソフトウェア開発キット(SDK)を付属
❖ 計測・解析 GUIソフトウェア『ADCaptureLab』を付属しており、簡単に使用が可能
❖ WindowsとLinuxをサポート
インターリーブ技術「ADX」(特許技術)について
ADXの説明1Teledyne SP Devices社独自のインターリーブ技術「ADX」は、複数のADCを並列に使用することによりサンプリングレートを上げる手法です。インターリーブプロセスでは、複数の並列ADCのそれぞれが異なるタイミングでサンプリングします。このようにして、全体のサンプリングレートが上がり、ADCの数によりサンプリングレートが乗算されます。
ADXの説明2インターリーブの課題は、最適な分解能を得るために個々のADCの特性の製造ばらつきを補正することです。標準的な14ビットADCのインターリーブを実現するには、補正後の変動が0.01%未満でなければなりません。さらに、これらの変動は温度と経年に依存するため、補正がさらに複雑になります。
ADXは、ADC後のインターリーブ出力を後処理するためのデジタル信号処理技術です。ADXは、ミスマッチエラーの推定と、すべてのミスマッチエラーを抑制した信号の再構成の両方を備えています。独自技術により、特別なキャリブレーション信号やポストプロダクショントリミングを必要とせずに、ゲイン/オフセット/タイムスキューエラーのバックグラウンド推定を継続的に提供します。再構成ブロックは、最小限の遅延で信号を再作成します。
高性能PCをご用意しています
PCイメージA/DボードをPCにインストールする場合、以下の事を検討する必要があります。
1.インストールスロットの物理的寸法
⇒ボードの奥行・高さ、隣接スロットの干渉などを検討
2.PCIeスロットの物理的レーン数
⇒ボードとM/Bのレーン数(x1/x4/x8/x16)を物理的・電気的に検討
3.PCIeスロットの電気的互換性(Gen1/2/3)
⇒ボードとM/Bのパフォーマンス(Gen1/2/3)適合性を検討
4.OSとの互換性
⇒Windows 7/8/10, Linux, 32bit/64bitドライバとの適合性を検討
これらの検討事項を考慮した最適なPCをご用意いたします。
ラックマウントタイプやデスクトップタイプ、CPUの性能や数、メモリの容量などお客様のご要望に合わせてビルドアップいたします。また、オプションで高速RAIDドライブを追加することも可能ですので長時間の記録が必要なアプリケーションに最適です。
アプリケーション
AE03:CERNが宇宙の起源を探り、地球の未来を助ける
関連資料
新製品カタログ2020
関連商品

スペック

■ アナログ入力 カップリング:AC
インピーダンス:50Ω
アナログ帯域:300KHz ~ 6.5GHz
帯域幅:2.5GHz
コネクタ:SMA
■ A/Dコンバータ チャンネル数:2ch
分解能:12bit
サンプリングレート:5 GSPS
■ クロック 外部クロックリファレンス:10MHz
レベル:0.5 ~ 3.3 Vpp
インピーダンス:50Ω
コネクタ:SMA
■ メモリ 4GB SDRAM
■ フォームファクタ PCI Express:Gen3, x8
PXI Express:Gen3, x8
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +45℃
■ OS Windows 7 32bit/64bit
Windows 8 32bit/64bit
Windows 10
Linux

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)