MIL-STD-1553ボードXMC-1553

UTMC製コントローラ搭載 MIL-STD-1553規格 I/Oモジュール (XMC)

概要

XMC-1553は、MIL-STD-1553規格に準拠したXMCタイプのI/Oモジュールです。 UTMC製SUMMITコントローラを搭載しており、Bus Controller/Remote Terminal/Bus Monitorモードに対応しています。ホストインタフェースはPCIeをサポートしています。 オプションで温度拡張にも対応していますので、搭載など過酷な環境でご利用いただけます。
仕様
インタフェース MIL-STD-1553B
ドライバ Windows, Linux, VxWorks
タイプ XMC
特徴
❖ MIL-STD-1553B規格準拠
❖ IRIG-Bオプション
❖ VITA 42準拠
❖ PCI Express x1レーン
❖ オプション:0~70℃、-40~+85℃、コンフォーマルコーティング
❖ 128KB SRAM/ch搭載
❖ BC/RT/Mモードサポート
❖ デュアルリダンダントチャネル1(A+B)チャネル2(A+B)
❖ 内部クロック/外部クロック対応
❖ 78Ωトランスフォーマ
❖ ロングスタブ/ショートスタブ対応
❖ 5V又は3.3V単一電源
❖ LEDステータス
❖ 利用可能なソフトウェア:C言語ライブラリ、Windows、Linux、VxWorksドライバ
関連商品

スペック

■ インタフェース MIL-STD-1553規格準拠
■ コントローラ UTMC製 SUMMIT UT69151DX-GPC
■ オンボードメモリ 128KB SRAM
■ モード Bus Controller / Remote Terminal / Bus Monitor
■ ホストインタフェース PCIe
■ ドライバ Windows, Linux, VxWorks
■ 動作温度 0 ~ +70℃、 -40 ~ +80℃(温度拡張)
■ フォームファクタ XMC

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)