FMCキャリアFPGAボードVP680

FMC対応 Virtex-6 FPGAボード (3U VPX)

概要

VP680 は、FMCボードを搭載可能な VPXタイプの Virtex-6 FPGAボードです。 ボード上の Virtex-6 FPGA はユーザプログラム可能で、各種アルゴリズムを開発してインプリメントすることが可能です。オンボードメモリとして、1 GB x 3 Bank DDR3 SDRAM, 256 MB x 3 Bank DDR3 SDRAM, 128MB x 3 Bank DDR2 SDRAM, 8MB x 3 Bank QDR2 SRAM, 16MB x 3 Bank QDR2+ SRAM, 32GB x 3 Bank NAND Flash を選択して搭載する事が可能です。フロントパネルに搭載するFMCとして、A/D、D/A等の多彩なIOモジュールが用意されています。 ソフトウェアドライバとして Windows, VxWorks, Linux が用意されており、レーダー、画像処理、ソフトウェア無線機等のアプリケーションに最適です。
仕様
搭載可能なモジュール 1x FMC
FPGA 1x Virtex-6
ドライバ Windows, Linux, VxWorks
タイプ 3U VPX
温度範囲 -40 ~ +85℃ (Conduction Cool)
特徴
❖ Xilinx Virtex-6 LX130T, LX240T, LX365T, SX315T, SX315T, SX475Tをサポート
❖ BLASTサイトを使用した高密度メモリオプション:DDR2/DDR3 SDRAM、QDR2 SRAM、NAND FLASH
❖ VPX VITA 46規格準拠
❖ フロントパネルFPGAメザニンカード(FMC)サポート
❖ UART over USBサポート
❖ PCI Express Gen1, Gen2サポート
❖ VITA 48.2(1インチピッチ)サポート
FMC (ANSI/VITA 57.1) について
FMCとはFMCはFPGAデバイスに接続するI/Oメザニンモジュールの規格で、ANSI/VITA(VMEbus International Trade Association)57.1で定義されています。業界標準のVPXボードやPCI ExpressボードのFMCサイトに搭載してFPGAの入出力デバイスとして利用できます。FMCには2種類のコネクタ、Low Pin Count(LPC)とHigh Pin Count(HPC)が規定されており、LPCコネクタは、68本のユーザー定義のシングルエンド信号または34本のユーザー定義の差動ペアを提供します。HPCコネクタは、160本のユーザー定義のシングルエンド信号または80本のユーザー定義の差動ペア、更に10本のシリアルトランシーバを提供します。
関連商品

スペック

■ FPGA Xilinx Virtex-6 (LX130T, LX240T, LX365T, SX315T, SX475T)
■ メモリ ※合計 3 Memory Bank に対して下記メモリタイプから選択可能
DDR3 SDRAM 1 GB x 3 Bank
DDR3 SDRAM 256 MB x 3 Bank
DDR2 SDRAM 128 MB x 3 Bank
QDR2 SRAM 8 MB x 3 Bank
QDR2+ SRAM 16 MB x 3 Bank
NAND FLASH 32 GB x 3 Bank
■ インタフェース VPX VITA 46準拠
■ フロンパネル拡張 I/O モジュール FMC(VITA 57.1)
■ ソフトウェアサポート ドライバソフトウェア:Windows, VxWorks, Linux
FPGA 開発ツール:Stellar IP
■ 環境条件 動作温度:0℃ ~ +55℃
保存温度:-40℃ ~ +85℃
湿度:95%(結露なきこと)
高度:60,000 ft
※温度拡張、コンダクションクールオプションあり
Abaco社耐環境レベルはこちらをご確認ください

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)