A/DボードADF-Q3114

3.1GHz A/D ボード (FMC+)

概要

ADF-Q3114は、3.1GHz 14bit 4ch の ADコンバータ を搭載し、FMC+(VITA 57.4)に対応した FMCタイプの A/Dボードです。 ADコンバータはアナログデバイス社のAD9208を搭載しており、高ダイナミックレンジで優れたENOBを実現します。VITA57.4 のFMC+規格に準拠しており JESD204BインタフェースでFPGAと接続します。ADサンプリングは、内部クロック及び外部クロック入力に対応しております。外部トリガもサポートしていますのでトリガイベントによる信号取得も可能です。 DEG社からリリースされている 「PCU-085/115」に搭載してご利用いただけます。ソフトウェア無線、ゴグニティブ無線、レーダ、メディカル関連等のアプリケーションに最適です。
仕様
A/Dコンバータ 3.1GHz, 14bit, 4ch
タイプ FMC+
特徴
❖ 3.1Gsps, 4ch 14bit ADコンバータ搭載
❖ 数ギガバイトIOスループットのための高速SERDESインターフェイス
❖ 優れたダイナミックレンジ
❖ コンダクションクール対応
❖ JESD204B SERDESインターフェイス:x16レーン
❖ VITA 57.4準拠のFMC+キャリアボード対応
❖ チャンネルごとにデジタルダウンコンバータ搭載
DEG製 FMC対応FPGAキャリアボード
VPU:FMC対応 Kintex UltraScale FPGAキャリアボード (VPX)
PCU-085/115:FMC+対応 Kintex UltraScale FPGAキャリアボード (PCIe)
PC7:FMC対応 Virtex-7 FPGAキャリアボード (PCIe)
FMC (ANSI/VITA 57.1) について
FMCとはFMCはFPGAデバイスに接続するI/Oメザニンモジュールの規格で、ANSI/VITA(VMEbus International Trade Association)57.1で定義されています。業界標準のVPXボードやPCI ExpressボードのFMCサイトに搭載してFPGAの入出力デバイスとして利用できます。FMCには2種類のコネクタ、Low Pin Count(LPC)とHigh Pin Count(HPC)が規定されており、LPCコネクタは、68本のユーザー定義のシングルエンド信号または34本のユーザー定義の差動ペアを提供します。HPCコネクタは、160本のユーザー定義のシングルエンド信号または80本のユーザー定義の差動ペア、更に10本のシリアルトランシーバを提供します。
関連商品

スペック

■ アナログ入力 入力インピーダンス:50Ω
入力レンジ:4.3 Vpp
SNR (typical):60dB @ Fin = 765MHz
SFDR (typical):71dB @ Fin = 765MHz
ENOB (typical):9.5bits @ Fin = 765MHz
■ A/Dコンバータ チャンネル数:4 ch
サンプリングレート:2.5 GHz ~ 3.1 GHz, 1.9 GHz ~ 2.6 GHz, 1.3 GHz ~ 2.1 GHz
分解能:14 bit
デバイス:Analog Devices AD9208
■ クロック 内部クロック:2500~3100MHz, 1900~2600MHz, 1300~2100MHz 選択
外部クロック:1300~3100MHz
外部リファレンス:10MHz
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +50℃(標準)
温度拡張: -40 ~ +71℃(エアクール又はコンダクションクール)
■ フォームファクタ FMC+ VITA57.4

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)