SDR無線信号処理装置PicoLTE IoT

LTE (NB-IoT) 開発用 SDR無線信号処理装置

概要

PicoLTE IoTは、IoTデバイスに特化した 1U ハーフラックサイズの LTE 開発用 SDR無線信号処理装置です。 RF帯域は最大6GHzまでサポートしており、NB-IoT及びCat-M1デバイスのシミュレータとして利用することができます。Rel.13に対応した LTE スタックを実装しており、3GPPのスペックに準拠しています。NB-IoT及びCat-M1デバイスとの互換性があります。(5社以上検証済み) アンテナをセットにして提供しており、オプションで ublox社製IoTデバイスをセットにして提供します。 LTE機器の開発や、実験・試験用に最適です。
仕様
RF入出力周波数 70MHz~6GHz
帯域幅 56MHz
FPGA 1x Virtex-6
タイプ ボックス
特徴
❖ M1&NB-IoTデバイスをサポート
❖ 5社以上のメーカーのM1およびNB-IoTデバイスとの互換性の実証済み
❖ 複数デバイスを同時テスト(最大5つのデバイスのパフォーマンスを保証)
❖ 非IPモードをサポート(NB-IoT)
❖ ワイヤレス環境とケーブル接続環境の両方に適しています(無線およびRFケーブル)
❖ 3GPP LTE-MおよびNB-IoTリリース14に準拠
❖ デバイスと接続されたオブジェクトをリアルタイムでテストする
❖ テストを通常の測定器を利用してプライベートネットワークでテスト可能
❖ 複数のeNodeBを接続してネットワークを構築
❖ セル検索およびアタッチ/デタッチ手順のシグナリング/トレースをサポート
❖ FDDおよびTDDスペクトルをサポート
❖ -8 dBmの最大送信電力を内蔵&外部パワーアンプ(外部GPIO)をサポート
関連商品

スペック

■ RF帯域 70MHz ~ 6GHz
■ 帯域幅 56MHz (Max.)
■ 送受信チャンネル数 Tx/Rx:8ch/8ch
■ TDD/FDD サポート
■ FPGA Xilinx Virtex-6
■ エンベデッドPC(オプション) Intel Core i7
■ ホストインタフェース 1x Gigabit Ethernet
■ OS Linux (Ubuntsu)
■ 3GPP準拠 LTE Rel.13
■ IoTデバイスサポート ublox C030
■ 寸法 215 mm x 48 mm x 290 mm

 

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)