A/Dボード16AI32SSA

200KHz A/Dボード (PMC)

概要

16AI32SSAは、200kHz 16bit 32ch のADコンバータを搭載した PMCタイプのA/Dボードです。 各チャンネルごとに最大200kSPSのレートで最大32の入力チャンネルを同時にAD変換しデジタル化します。各入力チャネルには専用の16ビットADCを搭載しており、16ビットのADデータは1 MBのFIFOバッファを介してPCIバスに転送できます。32ビットローカルデータパスは、完全なD32ローカルバスデータパッキングをサポートしています。66MHzのPCIサポートによりスループットを向上します。入力は、2, 4, 8, 16または31/32チャンネルのグループでADサンプリングできます。任意の単一チャネルを連続的にADサンプリングすることができ、ADサンプリングクロックは、内部ジェネレータから、またはソフトウェアまたは外部ハードウェアから生成することができます。入力レンジはソフトウエアで±2.5V、±1.25V、±0.625Vの範囲で選択でき、オプションで最大±10Vの範囲を選択できます。すべての動作パラメータはソフトウェアで設定可能です。 コンダクションクール耐環境仕様モデルとなっており、航空機等へ搭載して使用することが可能です。
仕様
A/Dコンバータ 200KHz, 16bit, 32ch
ドライバ Windows, Linux
タイプ PMC
特徴
❖ 16bit 32ch 200KSPS アナログ差動入力
❖ コンダクションクールまたは空冷をサポート
❖ P4を介したリアパネルI/O
❖ 2つのGNDピンを備えた31chの差動チャネル、または25chの差動チャネルと共通の反転入力と同期およびクロックI/Oを備えた7chの疑似差動チャネルで構成される32chとして工場構成可能
❖ すべての入力は同時サンプリング。最小データスキュー
❖ ADサンプリングレートはチャネルあたり200KSPS(6.4MSPS集約レート)
❖ 32bit 66MHz/33MHz PCIサポート
❖ ローカルデータパッキングによるスループット容量の増加
❖ 連続、バースト、およびシングルサンプルクロッキングモード
❖ 入力範囲:±2.5V, ±1.25V, ±0.625V(ソフトウェア選択可能)
❖ マルチボード用のハードウェア同期I/O
❖ 1MB FIFOデータバッファ。パックデータモードで512Kサンプル
❖ 2チャンネルDMAエンジン
❖ 内部レートジェネレータ、ソフトウェアトリガ、または外部制御されたサンプリング
❖ オートキャリブレーション内蔵
❖ PMCフォームファクタ
関連商品

スペック

■ アナログ入力 コネクタ:PMC I/O
入力帯域幅:DC-250kHz (typical)
入力レンジ:±2.5V / ±1.25V / ±0.625V(オプション: ±10V / ±5V / ±2.5V
入力インピーダンス:Low Range-set (±2.5V): 150KΩ、 High Range-set (±10V): 600KΩ
コモンモード除去:60 dB typical, DC-50kHz
クロストーク除去:85 dB typical, DC-50kHz
■ A/Dコンバータ チャンネル数:31ch差動又は20ch差動&12ch擬似差動(インバート入力共有、P4コネクタ使用)
分解能:16 bit
サンプリングレート:200 kSPS
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +65℃(温度拡張:-40 ~ +80℃)
保存温度:-40 ~ +85℃
相対湿度:80%(結露なきこと)
■ フォームファクタ PMC(コンダクションクール対応)

 

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)