A/Dボード16AIO168

300KHz A/D & 300KHz D/Aボード (PMC/PCI/cPCI/PCIe/PC104)

概要

16AIO168は、300kHz 16bit 16ch の ADコンバータ と 300kHz 16bit 8ch の DAコンバータを搭載したマルチプレクサタイプのA/D・D/Aボードです。 16ビットでアナログ入力信号を最大300kHzでスキャンサンプリングします。アナログ入力は、16chのシングルエンドチャンネルまたは8chの差動信号ペアのいずれかでソフトウェア設定可能です。すべての入力ラインのバッファアンプは、マルチプレクサの入力スイッチングノイズを除去し、クロストークと入力バイアス電流を最小限に抑えます。ADデータは、PCIバスを介して取り出されるまで32Kサンプルバッファに蓄積されます。 8chのアナログ出力チャネルは、同期または非同期のいずれかで更新でき、波形生成をサポートします。各アナログ出力チャネルには専用の16ビットD/Aコンバータと出力レンジ制御ネットワークが含まれています。ボードは32KサンプルのFIFOバッファを介してPCIバスからアナログ出力データを受信します。 ご利用になるハードウェア環境に合わせて、1レーンPCIe、66MH対応のPCI、PMC、3U cPCI 並びに PC104の各フォームファクタが選べます。
仕様
A/Dコンバータ 300KHz, 16bit, 16ch
D/Aコンバータ 300KHz, 16bit, 8ch
サンプリング マルチプレクサ
ドライバ Windows, Linux
タイプ PCIe / PCI / PMC / 3U cPCI / PC104
特徴
❖ 16chシングルエンドまたは8ch差動アナログスキャンADコンバータ搭載
❖ 8ch 16bit DAコンバータを搭載したアナログ出力
❖ アナログ入出力レンジ:±10V、±5V、±2.5V (ソフトウェア選択可能)
❖ 32Kサンプルの入力FIFOバッファメモリ搭載
❖ 300KSPSのアナログスキャンADサンプルレート
❖ マルチチャネルおよびシングルチャネル入力スキャンモード
❖ 低クロストーク、ノイズ、および入力バイアス電流。すべてのアナログ入力ライン上にバッファアンプを実装
❖ 300KSPS/chのアナログ出力DAサンプリングレート
❖ 波形生成およびAWGをサポート。連続モードとワンショットモード
❖ 内部レートジェネレーターは、入力サンプリング、出力サンプリング、またはその両方を同時制御
❖ アナログ入力と出力のマルチボード同期をサポート
❖ 4つのデジタル出力ライン
❖ アナログ入力および出力チャネルのオートキャリブレーション内蔵
❖ 連続およびバースト(ワンショット)入力および出力モード
❖ DMAエンジンによりホストI/Oオーバーヘッドを最小化
関連商品

スペック

■ アナログ入出力 入力レンジ:±10V / ±5V / ±2.5V
入力インピーダンス:1 MΩ
コモンモード除去:60 dB typical, DC-60kHz
コモンモードレンジ:±10V(差動入力)
出力レンジ:±10V / ±5V / ±2.5V
タイプ:50pin ソケットコネクタ
接続コネクタ型番:AMP #1-746288-0又は互換品
■ A/Dコンバータ チャンネル数:16chシングルエンド又は8ch差動
分解能:16 bit
サンプリングレート:300 kSPS(シングルチャンネルモード), 150 KSPS(マルチチャンネルモード)
■ D/Aコンバータ D/A:8chシングルエンド(オーダリングオプション)
分解能:16bit
サンプリングレート:300kSPS
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +70℃(温度拡張:-40 ~ +80℃)
保存温度:-40 ~ +85℃
相対湿度:95%(結露なきこと)
■ フォームファクタ PMC / PCI / cPCI / PCIe / PC104-Plus

 

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)