A/Dボード24DSI64C200K

250KHz ΔΣ (デルタ・シグマ) A/Dボード (PCIe/PCI/cPCI)

概要

24DSI64C200Kは、250kHz 24bit 64ch ΔΣ(デルタ・シグマ) 方式のADコンバータを搭載したA/Dボードです。(写真はPCIeタイプです) 64chのアナログ入力リソースを最大250KSPSでADサンプリングしデジタルデータに変換します。このボードは、高精度電圧測定から複雑な音響信号や波形解析まで幅広いアプリケーションに最適です。64chのアナログ入力チャンネルそれぞれには、固有のアンチエイリアス機能とデジタル・ローパスフィルタ機能を備えたデルタシグマA/Dコンバータが内蔵されています。デジタルフィルタは、高速低レイテンシフィルタとして、またはアンチエイリアスを最大限に抑える広帯域の低リップルシャープカットフィルタとして構成できます。セルフテストおよび自動キャリブレーションをサポートするために、すべてのチャネルを通して内部電圧リファレンスを印加することができます。ゲインおよびオフセットのトリミングは、オンデマンドのオートキャリブレーション中に決定された補正値を適用することによって実行されます。線形位相デジタルアンチエイリアシング・フィルタは帯域外信号を除去し、単純なローパスアナログ・フィルタはデジタルフィルタの高調波イメージに含まれる干渉信号を除去します。
仕様
A/Dコンバータ 250KHz, 24bit, 64ch(ΔΣ型)
ドライバ Windows, Linux
タイプ PCIe / PCI / cPCI
特徴
❖ 24bit, 64ch差動アナログ入力、オプションで48ch, 32chも利用可能
❖ 1K~250KSPS ADサンプリングレート
❖ 入力レンジ:±1V~±10V
❖ デルタシグマ入力AD変換により、アンチエイリアスフィルタリングの必要性を最小限に抑える
❖ 高精度のDC特性と広いダイナミックレンジのAC性能
❖ 256KサンプルのFIFOバッファ
❖ 103dBの標準的なダイナミックレンジ。10kHzホストソフトウェアポストフィルターで112dB
❖ 連続およびバースト(ワンショット)サンプリングモード
❖ 内部または外部サンプルクロックソース(選択)
❖ マルチボード同期サポート
❖ 内部オフセットとゲインの自動キャリブレーション
❖ 4ビットの双方向デジタルTTLポート
❖ 高密度のフロントパネルシステムI/O接続
❖ PCI Express x1レーンサポート
関連商品

スペック

■ アナログ入力 コネクタ:85pinストレートテイルコネクタ
入力レンジ:±1.5V又は±10V 工場出荷時設定
入力インピーダンス:1 MΩ
コモンモード除去:62 dB to 15kHz on ±10V, typical
■ A/Dコンバータ A/D:64ch 差動(48ch, 32chオプションあり)
分解能:24 bit Delta-Sigma
サンプリングレート:1~250KSPS
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +70℃
保存温度:-40 ~ +85℃
相対湿度:95%(結露なきこと)
■ フォームファクタ PCIe, PCI, 6U cPCI

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)