A/Dボード16AIO88

73KHz A/D & 250KHz D/A ボード (PMC/PCI/cPCI/PCIe/PC104)

概要

16AIO88は、8ch 16bit 73kHz ADコンバータ と 8ch 16bit 250kHz DAコンバータを搭載したマルチプレクサタイプのA/D・D/Aボードです。 8chの16ビットスキャニングADコンバータ、8chの16ビットDAコンバータが搭載されています。このボードは、PCIローカルバス仕様のリビジョン2.3と機能的に互換性があり、「プラグイン」システム初期化の概念をサポートしています。 オフラインメンテナンスを最小限に抑えるように設計された16AIO88ボードには、内部モニタリング機能とループバック機能が備わっているため、キャリブレーションのためにモジュールをシステムから取り外す必要はありません。共有プログラマブルレートジェネレータは、出力クロッキングまたは入力スキャンのいずれかを制御するためのタイムベースを提供します。また、入力スキャンを出力クロックに同期させることもできます。アナログ入力と出力の接続は、50ピンのサブミニチュアDフロントアクセスI/Oコネクタを使用して行われます。 ご利用になるハードウェア環境に合わせて、PCIe(x1)、PCI、PMC、3U cPCI、PC104の各フォームファクタが選べます。
仕様
A/Dコンバータ 73KHz, 16bit, 8ch
D/Aコンバータ 250KHz, 16bit, 8ch
サンプリング マルチプレクサ
ドライバ Windows, Linux
タイプ PCIe / PCI / PMC / 3U cPCI / PC104
特徴
❖ 8chシングルエンドまたは4ch差動アナログ入力
❖ 8ch 16bit DAコンバータを搭載したアナログ出力
❖ アナログ入出力レンジ:±10V, ±5V, ±2.5V
❖ 32Kサンプルの入力FIFOバッファ、16Kサンプルの出力FIFOバッファ搭載
❖ 最大73KSPSの合計スキャンレート
❖ アナログ出力データレートは250Kch/s
❖ ハードウェアまたはソフトウェアストローブによる出力の同時更新
❖ 連続およびバースト入力スキャンモード。 ハードウェアとソフトウェアのトリガー
❖ プログラマブルレートジェネレーターが入力と出力をサポート
❖ オートキャリブレーション内蔵
❖ Block-Mode及びDemand-ModeのDMA転送をサポート
❖ ビルトインテストサポート(BITE)および自動キャリブレーションのためのループバック機能
❖ EMIシールドサポート
関連商品

スペック

■ アナログ入出力 入力レンジ:±10V / ±5V / ±2.5V
入力インピーダンス:1 MΩ
コモンモード除去:80 dB min., DC-60kHz
コモンモードレンジ:入力レンジ+1V
出力レンジ:±10V / ±5V / ±2.5V(工場出荷設定)
コネクタ:50pin 0.05″デュアルリボンサブミニチュアD
接続コネクタ型番:AMP #1-750913-5又は互換品
■ A/Dコンバータ チャンネル数:8chシングルエンド又は4ch差動
分解能:16 bit
サンプリングレート:73 kSPS(シングルチャンネルモード), 66 KSPS(差動モード)
■ D/Aコンバータ チャンネル数:8chシングルエンド
分解能:16bit
サンプリングレート:250K channels per second
■ 環境条件 動作温度:0 ~ +65℃
保存温度:-40 ~ +85℃
相対湿度:95%(結露なきこと)
■ フォームファクタ PMC / PCI / cPCI / PCIe / PC104-Plus

 

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)