A/D・D/AボードModel 5953

5GHz A/D & 10GHz D/A 搭載 Zynq UltraScale+ RFSoC Gen3 FPGAボード (VPX)

概要

Model 5953は、Zynq UltraScale+ Gen3 RFSoC (5GHz AD & 10GHz DA内蔵) を搭載した 3U VPXタイプの FPGAボードです。 FPGA内に5GHz 14bit 8ch A/Dと10GHz 14bit 8ch D/Aを内蔵しています。更に、FPGA内にはARMプロセッサを内蔵していますので、1ボードで送受信機を構築することが可能となります。オンボードメモリに、16GB DDR4 SDRAMを搭載しています。ホストインタフェースは、PCIe Gen.3 x8レーンで高速データ転送が可能です。ソフトウェアは、ボードサポートパッケージ「Model 481x」及びFPGAデザインキット「Model 4811」を用意しています。 5G無線通信、気象レーダ、合成開口レーダ、パルスレーダ、フェーズドアレイレーダ、デジタルビームフォーミング、無線通信、ターゲット認識等の高速デジタル信号処理向けアプリケーションに最適です。
仕様
A/Dコンバータ 5GHz, 14bit, 8ch
D/Aコンバータ 10GHz, 14bit, 8ch
FPGA 1x Zynq UltraScale+
ドライバ Linux
タイプ 3U VPX
温度範囲 -40~+70℃(*コンダクションクール版)
特徴

クリックでレーダ信号処理向けに飛びます

❖ Xilinx Zynq UltraScale+ Gen3 RFSoC FPGAをサポート
❖ 16GBのDDR4オンボードSDRAM
❖ オンボードGPSレシーバ
❖ PCI Express x8(Gen. 1、2、3)インタフェース
❖ カスタムI/OのためのFPGAへのLVDS接続オプション
❖ Gigabitシリアル通信用のVITA-66.4光インタフェースオプション
❖ デュアル100GigE UDPインタフェース
❖ VITA-46、VITA-48、VITA-66.4、VITA-57.4、VITA-65(OpenVPX™システム仕様)などVITA規格と互換
❖ QuartzXM eXpressモジュールにより他のフォームファクタへの移行が可能
❖ Model 8257 1スロット3U VPX開発用シャーシ
Model 6003 QuartzXMのカスタムキャリアを設計するためのModel 4801キャリアデザインキットオプション
Pentek社の耐環境仕様レベル
RFSoCとは
RFSoCとはRF System On Chipの略で、8ch A/D及び8ch D/AとArm CPUコアを内蔵したRFSoCのブロック図XilinxのFPGAデバイスです。Zynq UltraScale+のシリーズで、以前のシリーズZynq UltraScale+ MPSoCをベースにしています。MPSoCは、UltraScale+プログラマブルロジックに統合された最大4つのARM Cortex-A53アプリケーションプロセッサと2つのARM Cortex-R5リアルタイムプロセッサを含む、システムオンチップ(SoC)アーキテクチャです。このソリューションは、1つのICにFPGAのハードウェアプログラマビリティとプロセッサのソフトウェアプログラマビリティの柔軟性を提供します。
RFSoC Gen3はMPSoC基盤の上に構築され、プログラマブルデジタルダウンコンバータ(DDC)を装備した8chの5 GSPS 14ビットA/Dコンバータと、デジタルアップコンバータ(DUC)を装備した8chの10 GSPS 14ビットD/Aコンバータを内蔵しています。

 

開発用のVPXシャーシを用意しています
Model 5953専用の開発用VPXシャーシをご用意しています。フロント側にModel 5953用VPXシャーシのスロットが1スロットあり、リア側にRTM(リアトランジションモジュール)を搭載します。RTMにはJTAGポート、COMポート、LANポートがありユーザの開発用PCと接続することができます。

 

 

 

Model 5903 高速シンクロナイザボード
高速シンクロナイザボードModel 5903 高速シンクロナイザボードは、システム内の複数のQuartzファミリーボードを同期することができます。これにより、Quartzファミリボードを拡張して更にマル多チャンネルの高速データ収集アプリケーションの同期サンプリングが可能になります。オンボードのプログラムマブルクロックジェネレータにより、サンプリングクロックを生成します。最大8枚のQuartz RFSoCボードを同期することができ、各ボードはトリガー、ゲーティング機能に使用できるタイミング信号とともに共通の同期用クロックを受信します。
Model 5903には、外部ソースからの信号を入力するための4つのフロントパネルMMCXコネクタがあります。1つはリファレンスクロック用、1つは同期用、2つはゲート/トリガー信号用です。内部プログラマブルクロックジェネレータは、1~5GHzのサンプリングクロック周波数を生成できます。
サンプリングクロックは、オンボードの100 MHzリファレンスにロックするか、外部リファレンスにロックすることができます。同様に、同期およびゲート/トリガーは、ソフトウェアを介してオンボードで生成することも、外部ソースを使用することもできます。
8枚ボード同期システム構成例
100Gigabit Ethernetレコーダ「Model RTR 2757」(オプション)
Model RTR 2757はModel 5950と接続し、8chのA/Dデジタルデータをリアルタイムに記録することができます。
RFSoCの接続
関連資料
MISH Tech Journal Vol.12 (P14~P17)「FPGAはシステムデバイスに変わる」
新製品カタログ2020
アプリケーション
AE06:COTSベースのSDRシステムが5G製品開発を加速する
AE19:レーダの原理とそのアプリケーション
AE27:リアルタイム組込みシステム製品を選択するための重要なヒント
Model 5950 デモンストレーションビデオ

QUARTZファミリ製品概要

関連商品

スペック

■ アナログ入出力
入出力レンジ +4dBm(50Ω)
入出力タイプ トランスフォーマカップル(Mini-Circuits製TCM1-83X+)
コネクタ MMCX
■ FPGA
標準 Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC XCZU47DR
オプション Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC XCZU48DR
■ A/Dコンバータ(FPGAに内蔵)
チャンネル数 8 ch
サンプリングレート 5.0 GHz
分解能 14 bit
■ DDC(FPGAに内蔵)
チャンネル数 A/D毎に1ch
デシメーション 1x, 2x, 3x, 4x, 5x, 6x, 8x, 10x, 12x, 16x, 20x, 24x, 40x(※デフォルトでは全てのモードをサポートしていません)
LOチューニング周波数、分解能 48 bit, 0 ~ ƒs
フィルタ 80% 通過帯域, 89 dB 阻止帯域減衰
■ D/Aコンバータ(FPGAに内蔵)
チャンネル数 8 ch
サンプリングレート 10 GHz
分解能 14 bit
■ DUC(FPGAに内蔵)
チャンネル数 D/A毎に1ch
インターポレーション 1x, 2x, 3x, 4x, 5x, 6x, 8x, 10x, 12x, 16x, 20x, 24x, 40x(※デフォルトでは全てのモードをサポートしていません)
LOチューニング周波数、分解能 48 bit
フィルタ 80% 通過帯域, 89 dB 阻止帯域減衰
■ プロセッサ(FPGAに内蔵)
ARM Cortex-A53 4コア、1.5GHz
ARM Cortex-R5 2コア、600MHz
■ メモリ
タイプ DDR4 SDRAM
サイズ 16 GB
スピード 1200 MHz (2400 MHz DDR)
■ ホストインタフェース
PCI Express Gen.1, 2, 3:x4, x8
■ ソフトウェアサポート
Linux
■ 環境条件(標準仕様)
動作温度 0 ~ 50℃
保存温度 -20 ~ 90℃
相対湿度 0 ~ 95%, 結露なきこと
■ 耐環境仕様
耐環境仕様レベル L0 ~ L3 コンダクションクール対応

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)