A/D & D/A 搭載 FPGAボードModel 5950

4GHz A/D & 6.4GHz D/A 搭載 Zynq UltraScale+ RFSoC FPGAボード (VPX)

概要

Model 5950は、Zynq UltraScale+ RFSoCを搭載した 3U VPXタイプの FPGAボードです。 FPGA内に4.0GHz 12bit 8ch A/Dと6.4GHz 14bit 8ch D/Aを内蔵しています。更に、FPGA内にはARMプロセッサを内蔵していますので、1ボードで送受信機を構築することが可能となります。オンボードメモリに、4GB DDR4 SDRAMを搭載しています。ホストインタフェースは、PCIe Gen.3 x8レーンで高速データ転送が可能です。ソフトウェアは、ボードサポートパッケージ「Model 481x」及びFPGAデザインキット「Model 4811」を用意しています。 5G無線通信、気象レーダ、合成開口レーダ、パルスレーダ、フェーズドアレイレーダ、デジタルビームフォーミング、無線通信、ターゲット認識等の高速デジタル信号処理向けアプリケーションに最適です。
仕様
A/D 4GHz 12bit 8ch
D/A 6.4GHz 14bit 8ch
FPGA 1x Zynq UltraScale+
タイプ 3U VPX
特徴
■ Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC FPGAをサポート
■ 16GBのDDR4オンボードSDRAM
■ オンボードGPSレシーバ
■ PCI Express x8(Gen. 1、2、3)インターフェース
■ カスタムI/OのためのFPGAへのLVDS接続オプション
■ Gigabitシリアル通信用のVITA-66.4光インターフェイスオプション
■ デュアル100GigE UDPインターフェイス
■ VITA-46、VITA-48、VITA-66.4、VITA-57.4、VITA-65(OpenVPX™システム仕様)などVITA規格と互換
■ 耐環境モデルに対応
■ QuartzXM eXpressモジュールにより他のフォームファクタへの移行が可能
■ Model 8257 1スロット3U VPX開発用シャーシ
■ 「Model 6001」のカスタムキャリアを設計するためのModel 4801キャリアデザインキットオプション
関連資料
MISH Tech Journal Vol.12 (P14~P17)「FPGAはシステムデバイスに変わる」
新製品カタログ2020
アプリケーション
AE06:COTSベースのSDRシステムが5G製品開発を加速する
AE19:レーダの原理とそのアプリケーション
Model 5950 デモンストレーションビデオ

関連商品

スペック

FPGA
■標準 Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC XCZU27DR
■オプション Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC XCZU28DR
A/Dコンバータ
■チャンネル数 8 ch
■サンプリングレート 4.0 GHz
■分解能 12 bit
DDC
■チャンネル数 A/D毎に1ch
■デシメーション 1x, 2x, 4x, 8x
■LOチューニング周波数、分解能 48 bit, 0 ~ ƒs
■フィルタ 80% 通過帯域, 89 dB 阻止帯域減衰
D/Aコンバータ
■チャンネル数 8 ch
■サンプリングレート 6.4 GHz
■分解能 14 bit
DUC
■チャンネル数 D/A毎に1ch
■デシメーション 1x, 2x, 4x, 8x
■LOチューニング周波数、分解能 48 bit
■フィルタ 80% 通過帯域, 89 dB 阻止帯域減衰
プロセッサ
■ARM Cortex-A53 4コア、1.5GHz
■ARM Cortex-R5 2コア、600MHz
メモリ
■タイプ DDR4 SDRAM
■サイズ 4 GB (オプション:8GB)
■スピード 1200 MHz (2400 MHz DDR)
インタフェース
■PCI Express Gen.1, 2, 3, ; x4, x8
ソフトウェアサポート
■Linux BSP
■Windows BSP
■VxWorks BSP (Option)
環境特性
■動作温度 0 ~ 50℃
■保存温度 -20 ~ 90℃
■相対湿度 0 ~ 95%, 結露なきこと
耐環境仕様
■耐環境仕様レベル L0 ~ L3 コンダクションクール対応

データシート

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

042-538-7650

受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日休業)